走行距離がある車を売るには車買取一括査定をするべき

走行距離がかさんでいる車を高く売るには車買取の一括査定を

中古車を購入する時に走行距離をがネックだという人はかなり多いです。
というのも走行距離が少ない車ほど人気があり価格が上がります。逆に走行距離が多い車ほど一般的に安く売られている傾向が強いです。
というのも走行距離が多ければ多いほど車の部品や状態が消耗しているのではないか?と判断されてしまうからです。ですから中古車を購入する際に走行距離というのは車の状態を知る上でかなり重要なものになります。

そして中古車を買うときだけでなく逆に車を自分で売るときも重要な要素になるのが走行距離です。ですから自分で車を売りに出したい人でも距離と査定がどうのような影響を及ぼしたり関係しているのかよく理解しておきましょうね。

 

そもそも車査定における走行距離の多い少ないの意味

 

車査定において走行距離がどうやって判断されるか?それは大きくわけて2個の意味があります。
1個めは単純な走行距離に関するものです。というのは5万キロを超えてくると結構減額されて10万キロを超えるとさらに大幅に減額されるのです。

2個目は1年間のトータルの走行距離です。1年間で1万キロ走っているいるかどうかで走行距離が長いとか短いとか判断されます。
例えば3年間乗って3万キロの車よりも1年で2万キロ走っている車の方が、走行距離という判断基準では車査定においてはマイナスになってしまうんです。

 

車査定において走行距離だけが絶対的な基準ではない

 

走行距離は車の状態を示している1個の基準にしかすぎません。しっかり整備された車であれば走行距離が多くても車の価値は高いわけです。
逆に走行距離が短くても他の部分の状態が悪ければ総合評価でプラスにはなりません。

また人気車種かどうかも結構大事です。人気車種は走行距離が多くても人気がその分孝樹だけマイナスの影響を受けにくいです。逆に不人気車種だと走行距離が少なくても査定はいまいちになりやすいです。
以上のように車査定において走行距離というのは絶対的な基準ではないことがわかりました。

 

ただ走行距離が多いと減額の理由になってしまう

 

走行距離が多い車でも高く売れる可能性があっても、買取業者によっては減額の理由にしてくることは事実です。
というのは買取業者はできるだけ安く買取って中古車を仕入れしたいと思っているわけです。ですから走行距離が多いことを過剰にアピールして安く買取る口実にするわけなんです。

それだけ車査定において車の状態が重要と言っても車の良し悪しを素人のあなたが見抜くのは無理です。状態の良さをアピールしても中々対等に交渉をするのは難しいでしょう。
しかも相手の買取業者は話術に長けたプロです。そのプロから走行距離が多すぎることをネチネチ突っ込まれたらそれを跳ねのけて交渉するのは中々しんどいです。

 

10万キロでも車査定で高額買取の可能性があります

 

さきほど10万キロを超えた車は大幅に価値が下がると述べました。ただ10万キロを超えた車だからと行って二束三文になるわけではありません
大切に乗ってきた車であれば正当な評価をしてくれて高額買取をしてくれる業者も多いです、
また走行距離がかさんでいる車でも東南アジアなどの海外に販路を持っている業者であれば喜んで買取ってくれることでしょう。

ちなみに10万キロくらいが一般的に車の寿命と言われていますが本当でしょうか。
だいたいこれくらい走ると消耗品を交換する時期になります。消耗品を交換すれば20万キロ30万キロ走れる車も多いです。
ただ消耗品を交換するのに何十万もかかるなら新しい車を買った方がいいやっとなる人が多くて新車購入時の一応の基準になっているんです。

 

一括査定サイトで複数の業者に話を聞くのがベスト!!

 

走行距離が多い車を全然知識のない一般人が高く売るというのは容易なことではありません。
車の状態面が良いことをアピールしたところで走行距離がネックと言われてしまったら知識のない素人が反論するのは難しいです。
走行距離の多い車でも高く売ることは不可能なのかというとそんなことはありません。一括査定サイトを使用してできるだけ多くの買取業者から査定を受けてみると高額査定の可能性が高まります。

多くの買取業者から査定を受けてみれば走行距離以外の状態の良さを評価してくれる買取業者が出てくる可能性も高まります。
また本買取業者たちは本来安く買取たいが他の業者から査定を受けている客の動向は注意してみています。他社に買い取られるくらいなら高い金額を提示して買い取ってしまおうと考えている業者も多いです。

ホーム RSS購読 サイトマップ